Xperia XZ, X compactなら暗い場所での写真撮影もかんたん、キレイ!


写真撮影で最もよく使うのは?

あなたは写真を撮影するとき、何を使いますか?

MMD研究所の『写真撮影で最もよく使うのは?』という調査に対し、「スマートフォンのカメラ」が1位、84.9%の方がスマホで写真撮影をしているという結果が発表されています。

1

MMD研究所調べ

だとすると、スマートフォン(スマホ)にキレイに撮れる機能がついていることは、機種選びの際の条件に含まれるのではないでしょうか?

綺麗な景色や、カワイイお子様の表情、友達との楽しい瞬間、美味しい料理を撮り、家族や友達とシェアしたりSNSで投稿する等、日常の生活の中で写真を撮る機会が増えてきたからこそ、カンタンにキレイに撮れるカメラが搭載されている機種を選びたいものですよね。

キレイな写真が撮れる機種といえば

ソニーのXperia(エクスペリア)は、写真がキレイに撮れると定評があります。

一眼レフやコンパクトカメラ等も生産・販売していますし、そもそもカメラ技術が高いメーカーですので、安定したパフォーマンスが得られます。

やはり、キレイな写真が撮りたければ「Xperia」が断然オススメ!

ということで、今回は2016年秋に発売されたXperia XZ、X Compactのカメラ機能について紹介していきます。

すばやく、きれいに、かんたんに撮影できる!

Xperia初!3つのセンサー搭載

  • 細部まで高精細な描写力が得られる「CMOSイメージセンサー」
  • 薄暗い場所でも狙った一瞬をとらえることができる「レーザーAFセンサー」
  • 目で見たままの自然な色を再現できる「RGBC-IRセンサー」

の3つのセンサーを搭載しています。

従来のXperiaでも約2300万画素の高画質な写真を撮影することはできていたのですが、今回発売されたXperia XZ、X compactは高画質であることにプラスして、薄暗い場面での高速オートフォーカスや自然な色合の再現が可能になりました。

スマホでの暗がりでの人物撮影や夜景の撮影は失敗しがちですが、これらのセンサーで暗い場所や夜景、イルミネーションもクリアに撮影することができ、暗いところでは青くなり蛍光灯下では赤くなりがちな写真を適切な色味に調節し、表現してくれます。

一瞬のシャッターチャンスを逃さない高速起動

起動(カメラキー長押し)→オートフォーカス→撮影

ここまでにかかる時間が最速0.6秒!

これだけ早ければ、失敗しがちな動くものの撮影もバッチリ!

走り回る子どもの表情や笑顔の瞬間を逃すことなく撮影できそうですね。

プレミアムおまかせオート

カメラが、シーンとコンディションを自動認識。逆光や夜景、人物、料理など、13種類のシーン に固定・動き・歩き検出・オートの4つのコンディションを掛け合わせることで、最適な設定を自動で判断してくれるので、誰でも簡単に美しい写真が撮影できます。

例えば「料理」を選ぶと、料理を自動認識し、食材の鮮やかさを捉えて料理のおいしさまで映し出してくれます。

誰にでも簡単においしそうな写真が撮れるので、SNSでの投稿がより楽しくなりそうですね。

スマートフォン初!5軸手ブレ補正

2016年夏モデルまではインテリジェントアクティブモードが3軸でしたが、今回より5軸の手振れ補正に進化しました。

これにより、ブレずに撮ることが難しかったマクロ撮影時でも、縦横方向の手ブレを抑えた映像を記録できます。

自分撮りも驚くほど美しく撮れるフロントカメラ

フロントカメラの有効画素数が約1320万画素に!(Xperia XZ)

これは約2年前に発売されたXperia Z3のフロントカメラと比較して約6倍です。

どうしても画質が悪くなってしまう自分撮りも、Xperiz XZだとメインカメラ同様に美しく仕上がるのはうれしいですね。

また、22mmの広角レンズを採用しているので、フロントカメラを使ったグループショットも楽々撮影ができます。

これでSNSへの投稿がさらに楽しくなりますね。

※Xperia X Compactのフロントカメラは、有効画素数約510万画素です。

まとめ

暗い場所での写真撮影に不満を持っている方や、FacebookやInstagramでの写真投稿を楽しみたい方には、カメラの性能が高いXperia XZ、X Compactがオススメです!